フォローする:
言語を変えてください: Japanese

言語を変えてください:

番組 2017-11-22,23
japan

最新ニュース

「食料安全性」と題した学術研究会が主催された


Odgerel 2017-10-19 02:10

「食料安全性」と題した学術研究会が主催された

17日、世界食料デーにちなみ、食料農牧業軽工業省、国連食料農牧業機関のモンゴル駐在事務所、モンゴル食料生産者連盟が共同で「食料安全性」と題した学術研究会を主催した。現在、国全土で、2000くらいの食料工場が活動を行っており、これらの工場が健康な食料を生産する、全力で働くことに注目を集めている。研究会の際、コラーゲン淡白をモンゴルで生産する機会について科学アカデミーの化学・化学技術委員会の研究者ムンフツェツェグさんが紹介した。彼女は、牛の皮を加工し、50から60%のコラーゲン淡白を出す実験をしたとのこと。「家畜の皮革は90%のコラーゲンを含む特徴があり、輸入品の変わりに使う製品を生産する原料が我が国にある。」とムンフツェツェグ研究者が語った。また、羊の骨から鉱物製剤を生産する技術の研究について食料技術大学の教師チムゲーさんが発表した。研究結果、羊の肩胛骨、踵骨腱、膝蓋骨に含まれているミネラルは人間の骨にあるミネラルと同じだ。これに基づき、組織的には人間の体の物質を完全に置換する機会があると定義した。

再生回数: 68

コメント


account_circle
email
mode_edit

Сэтгэгдэл (0)

Энэ мэдээнд одоогоор сэтгэгдэл алга байна