フォローする:
言語を変えてください: Japanese

言語を変えてください:

番組 2017-10-22
japan

最新ニュース

「ウラーンバートル」国際映画フェスティバルが10日から15日まで開催される


Odgerel 2017-10-10 01:10

「ウラーンバートル」国際映画フェスティバルが10日から15日まで開催される

ウラーンバートル市役所、首都文化芸術局、モンゴル文化協議会、モンゴル映画協議会の共催による「ウラーンバートル」国際映画フェスティバルが10日から15日まで開催される。映画界の国際協力を発展させる、モンゴルの映画界の作家たちの技能を向上させる、世界のクラシック作品となった映画をモンゴルの視聴者に届けることを目的としている。9回目を迎えたウラーンバートル国際映画フェスティバルではフィーチャー映画、ドキュメンタリー映画、子ども映画、オープニングムービーという4種目でそれそれ1本の映画作品を選び、表彰するとのこと。今回の映画フェスティバルのオープニングムービーにはゾルバヤル監督の「チンギスの子どもたち」という映画が選ばれ、上映式はコーポレートホテルで行われることになった。その他の映画作品は13日にテンギス映画館で上映される。今年のウラーンバートル国際映画フェスティバルの特徴は11日にアメリカ大使館と協力し、アメリカの映画祭を同時に開催することだ。アメリカ映画際はノラ・ポッギー監督の「She  started it」というドキュメンタリー映画で始まり、このドキュメンタリー映画の主人公ステイシー・フェッレイラさんはモンゴルを訪れ、公開インタビューを行う。更に、アメリカの5本の優秀な映画作品がテンギス映画館とアイ・シネマ映画館でそれぞれ上映される。アメリカの監督で、プロデューサーのトニ・ゲルベルさんはモンゴルの作家たちを対象に国際映画作品を制作する経験から教える。モンゴル文化協議会はフランス及びオーストラリアの大使館と協力し、カンヌ、ベルリン、ウェネツィア、トロント、サンダンス、プサンの国際映画祭で優勝したオーストラリア、ブラジル、ドイツ、ロシア、フランス、台湾、ザンビア、ベルギーの映画を上映し、作家たちの審議が行われる。また、12日に「ウラーンバートル映画フォーラム」が開催され、国際映画祭の主催者、欧米の映画監督、プロデューサー、映画会社の代表者らが出席し、世界の映画作品の傾向、映画祭について話し合い、経験を共有する。

再生回数: 32

コメント


account_circle
email
mode_edit

Сэтгэгдэл (0)

Энэ мэдээнд одоогоор сэтгэгдэл алга байна