フォローする:
言語を変えてください: Japanese

言語を変えてください:

番組 2017-12-10
japan

最新ニュース

第3国立病院の心臓血管外科医たちが73歳の患者に大動脈置換術をクローズド法で施した


Odgerel 2017-06-19 01:06

第3国立病院の心臓血管外科医たちが73歳の患者に大動脈置換術をクローズド法で施した

モンゴルは1980年から大動脈疾患を診察できるようになり、2008年まではオープン法で手術をしてきた。6日、第3国立病院の心臓血管外科医たちが中国の2人の医者と協力し、73歳の患者に大動脈置換術をクローズド法で施した。以前は患者さんに麻酔をかけ、腹部を切開する方法で行われていたこの手術は患者の命を脅かす危険が伴うほか、手術後の回復も遅かった。大動脈内のクローズド法で手術をすると、血液を輸血する、切開する必要はなく、患者の命も危なくなくなると専門家が説明している。モンゴルに動脈硬化症、結節性多発動脈炎、大動脈弓をはじめとする心血管病が多く、症状が重い場合、必ず手術をします。大動脈置換術の費用は高いので、政府から手術費の70%を負担することになった。

再生回数: 117

コメント


account_circle
email
mode_edit

Сэтгэгдэл (0)

Энэ мэдээнд одоогоор сэтгэгдэл алга байна