フォローする:
言語を変えてください: Japanese

言語を変えてください:

番組 2017-10-18
japan

最新ニュース

 ボグドハーン宮殿博物館の70くらいの鳥の剥製を修理した


Odgerel 2017-05-08 12:05

 ボグドハーン宮殿博物館の70くらいの鳥の剥製を修理した

ボグドハーン宮殿博物館の70くらいの鳥の剥製を修理した。ボグドハーン宮殿博物館とドイツのゴゥルルツ市のシェンケンバーグ自然史博物館の間で締結した協力覚書の第二段階の作業が終了した。協力枠内でボグドハーン宮殿博物館、モンゴル国立大学、自然史博物館、ドイツのシェンケンバーグ自然史博物館が共同でボグドハーン宮殿博物館に保存されている鳥の剥製を修理する、種を定義する作業をした。修理する作業の枠内でドイツのシェンケンバーグ自然史博物館の修理者マラガリトさんとディアナさんがボグドハーン宮殿博物館と自然史博物館の専門家たちに同博物館の70くらいの鳥の剥製を修理する実験教育を施行した。ボグドハーン宮殿博物館にたくさんの動物剥製収集がある内、一つはこの鳥の剥製だ。この収集は1901年にボグドハーンの注文でドイツのハンブルグ市で作られたとのことだ。モンゴルに生息しない世界のたくさんの国の面白い動物の剥製があるのが独特だ。意義があるこの収集を現在来賓者に展示している。社会発展、生産化、都市化などのたくさんの理由により、世界で動物のある種が減少する、さらに絶滅する危機になっている現在 116年前に作られたボグドハーンの剥製収集の中 絶滅した動物の剥製があるかもしれない。そのため、これらの動物の剥製収集の科学や認識価値、意義はより成長し、詳細な研究、修理をする必要が要求されている。1901年にモンゴルの第八代活仏、ボグドハーンがドイツに注文し、もらったが、116年後ドイツの修理者たちがモンゴルを訪れ、剥製を修理した。鳥の剥製を修理するこの作業が二段階に渡りされたが、初段階が去年11月に成功裏に終わったのだ。

   

再生回数: 136

コメント


account_circle
email
mode_edit

Сэтгэгдэл (0)

Энэ мэдээнд одоогоор сэтгэгдэл алга байна